ディスカウントミニカーコレクション

ホットウィール、マジョレット、siku、トミカを中心とした3インチダイキャストミニカーのコレクションブログです。一台につき10枚以上の詳細な写真を掲載。実車のスペックからミニカーの解説まで、丁寧なレビューを心がけています。 質問や連絡したいことがあればhayashiteppei30@gmail.comまでご連絡ください。

カテゴリ: TOMICA(トミカ)

orochikabuto (1)

 【TOMIKA AEONチューニングカーシリーズ 第21弾 光岡 オロチ(兜仕様) 】
 
 製造元タカラトミー 販売元イオン 定価600円

 実車は光岡自動車が製造販売していたクーペ仕様の乗用車。

 2001年の東京モーターショーでコンセプトモデルが発表され、2006年に市販化。

 2014年12月まで販売されました。

 「大蛇」という名前は日本神話の「ヤマタノオロチ」からとられたもの。

 大蛇を連装させる有機的な曲面で複雑に構成されたエクステリアは素晴らしいデザインで、コンセプトカーを発表したその日に発売の予定も無いのに注文が入るという逸話も残っています。

 光岡自動車ではオロチを「ファッションカー」とカテゴライズしていました。

 オロチは乗り心地が良く、扱いやすいシャシーを優れたデザインのエクステリアで包んだ車。

 性能重視ですが扱いづらく、維持費のかかるスーパースポーツとは正反対のコンセプトなのです。

 大蛇・兜は2008年に5台限定で販売されたスペシャルモデル。

 鎧兜をイメージしたカーボンエアロパーツを装着しています。

 販売価格は1380万円。

orochikabuto (2)
orochikabuto (3)

 梅雨開けも発表され、本格的な夏がやってきました。

 日中の気温が35度を超えると、とてもじゃないけれどベビーカーを押して子供とお出かけとかできません。

 つまり、ミニカーを売っているようなところに家族で出かけることも出来なくなっちゃったんですよね。

 なので久々の会社出勤日にちょっと寄り道し、イオン大井店に足を伸ばしたんです。

 目的は当然イオン限定トミカの大蛇・兜!!!

 リリース写真を見た瞬間に一目惚れ。

 これは絶対欲しい!!! とワクワクしながら発売日を待っていたんですよね~♪

 発売日からちょっと日が経過していたので、残ってるかどうか心配だったのですが、ラスト2個でなんとかセーフでした。

 購入価格は600円。

 イオン大井店はおもちゃ売り場にホットウィール、食玩売り場ではマジョレットミニカーも取り扱っているので、3インチミニカー好きとしては美味しいスポットですね。

orochikabuto (4)
orochikabuto (5)
orochikabuto (6)
orochikabuto (7)
orochikabuto (8)
orochikabuto (9)

 全長72㎜

 全幅34㎜

 全高17.4㎜

 車体裏には1/60と表記がありますが、採寸して計測したところ、実際のスケールは1/63です。

 トミカのオロチは2007年の新金型として販売されたモデル。

 オロチの複雑なエクステリアを非常によく再現しており、純粋に立体物として素晴らしく格好いいですね。

 このモデルはイオンが販売している限定トミカ「チューニングカーシリーズ」の第21弾商品として販売されたもの。

 「大蛇・兜」は以前「トミカ  トイズドリームプロジェクト あこがれの名車セレクション」でゴールドとホワイトのカラーリングで販売されており、トミカでの商品化は3回目となります。

 チューニングカーシリーズの大蛇・兜はトイズドリームプロジェクトのゴールドカラーのものとは塗り分けが変わってブラックの面積が増え、ゴールドの色味もかなり渋めとなりました。

 実車に追加されたカーボン製のエアロパーツはトイズドリームプロジェクトのものと同様に塗装での表現となっています。

 なにげに嬉しいのがヘッドライトの彩色。

 通常のトミカの彩色ライトと比べると、輝くメッキのような質感なんですよね。

 この「キラッ☆」としたヘッドライトが獲物を睨みつけるようなオロチのフロントに実に合う!!!

 ヘッドライトって車の「目」なので、こだわって欲しいポイントですよね。

 
orochikabuto (10)

 車体裏には

 TOMIKA
 ©2007TOMY
          NO.25
          S=1/60

 MITUOKA Orochi
 MADE IN VIETNAM

 と刻印されています。

 ベトナム製ですね。

orochikabuto (16)

 サスペンションの可動ギミック。

 深く沈み込ませると、まさに地を這う蛇のようになりますね。

orochikabuto (11)

 トミカのオロチにはエンジンフードが開閉するというギミックがあるのですが、ハッチにツマミなどは無いので普通に開こうとするとなかなか開きません。

 逆さにひっくり返し、トントン♪ とエンジンフードの裏側を軽く叩くと簡単に開きます。

 無理矢理フードを引っ掛けて開けようとするとハッチのフチの塗膜が傷つく恐れがあるので、私はトントン開け推奨派です。

orochikabuto (12)

 トヨタから提供された、レクサスRX330用3MZ‐FE型3.3リッターV6エンジン。

 シャープなプラパーツで成型され、このクラスのミニカーのエンジンとしては極めて精密な作り。

 シルバーでペイントされている部分もあり、かなり芸コマですね。

orochikabuto (13)
orochikabuto (14)
orochikabuto (15)

 というわけで36台目のコレクション、光岡 大蛇・兜でした。

 実は5年位前プチトミカブームが一瞬だけ来たことがあり、その時5~6台のトミカを買ったことがあるんです。

 そのうちの1台がオロチでした。

 当時はエンジンフードが開くギミックにまったく気づかず、 大蛇・兜を手にとって初めて気が付きました。

 それにしても 大蛇・兜はいいですね~♪

 黒金て大好きなんです。 

 この悪者感がオロチのデザインにピッタリマッチして最高ですよ!!!

 こう眺めてみると通常カラーのオロチとも並べてみたくなりますね。

 昔買ったトミカは全て実家の弟にあげてしまったので、いつか機会を見て買い直そうかな~



 【コレクション台数 36台】

 【コレクション使用額 10876円】

 

landcruiser70 (1)

  【TOMIKA TOYOTA LANDCRUISER 70】

  タカラトミー製 定価450円

 実車は誰もがご存知の通り、トヨタ自動車が世界に誇る四輪駆動車。

 ランドクルーザー70は1984年に発表されたモデルで、頑丈で機械的信頼性も非常に高くどんな用途にも使えるまさに最強の四輪駆動車といっても過言ではありません。

 レジャーやクロスカントリーはもちろんのこと、あまりに使い勝手が良いのでアフリカなどでは荷台に武器と搭載した「メカニカル」と呼ばれる車輌が地域紛争で大活躍。

 専用の改造もせず、そのまま軍用車として使えるあたりが日本製品の底力なのかもしれません。

 ランドクルーザー70は日本国内の販売を2004年に終えていますが、2014年にランドクルーザー70 30周年記念として半年限定で販売されることになりました。

 販売価格は350万円。

 この時代にMTのみという漢らしい仕様ですが、売れゆきは良かったとか。

 このトミカはその2014年モデルを立体化したものです。


landcruiser70 (2)
landcruiser70 (3)

 昨日は久しぶりに会社へ出勤しました。

 私はほとんど家で仕事をしているのですが、どうしても必要なこともあるので月に何回かは会社に行くわけです。

 こういう在宅ワークを許してくれる会社で働けて本当に幸せですね。

 理解のある奥さんといい、理解のある職場といい、自分は本当に恵まれた人間だと思います。

 会社は新宿にあるのですが、会社帰りの楽しみといえばヨドバシカメラホビー館でのプラモ&ミニカー巡り!!!

 最近はリアルで玩具やプラモデルが置かれている店って激減してしまったので、眺められるだけでも贅沢なのかもしれません。

 で、4階のトミカコーナーでお目当てのランドクルーザー70を発見!!!

 ハマーH2と迷いつつも、ヨドバシポイントで0円購入したわけです。

landcruiser70 (4)
landcruiser70 (5)
landcruiser70 (6)
landcruiser70 (7)
landcruiser70 (15)
landcruiser70 (16)

 全長74㎜

 全幅26.8㎜

 全高29㎜

 1/71スケール

 このランドクルーザー70。

 ここ最近の新金型トミカの中ではずば抜けて良く出来ています。

 カッチリとしたシャープな造形に、クリアー成型のヘッドライト。

 ソリッドのダークブルーで塗装されたボディは塗りムラも無く、ほどよいツヤがピックアップトラックらしく雰囲気も抜群。

 荷台はプラ製ですが、成型色が本体そっくりに調整されているのでボディとの違和感もまったく無し。

 手に取るまでまったく気が付きませんでしたね。

 元々このモデルはランドクルーザー70 2014モデルの販売促進用ノベルティとしてトヨタの店舗で流通していたものが一般商品となり発売されたという経緯があります。

 アベノミクス効果で最高益を記録したトヨタ自動車ですから、金型をつくるときに潤沢な資金を出したのかもしれませんね。

 ちなみにノベルティとして流通していたモデルはサンドカラーにペイントされており、テロリスト御用達のメカニカルを思わず連装してしまいます。

 私は戦車のプラモデルをよく作るので、ランドクルーザー70ピックアップといえばサンドカラーのほうがしっくりきますから、サンドカラーバージョンも一般発売してくれると嬉しいかも。

landcruiser70 (8)

 車体裏には

                              TOMICA

 ©TOMY              Toyota
    S=1/71                                  LAND CRUISER 70

                                                 2014
                      MADE IN VIETNAM 

 と刻印されています。

 ベトナム製ですね。

 スケールは1/71とほとんど1/72スケール。

 色を塗り替えて、1/72の現用戦車のプラモデルと並べても楽しいかも。
 
landcruiser70 (11)
landcruiser70 (10)
landcruiser70 (9)

 ドアの開閉ギミック。

 グレー成型のインテリアは良い雰囲気。

 チープすぎず、かといってリアルすぎない、3インチミニカーらしいバランスに仕上がっています。

landcruiser70 (17)

 サスペンションの可動ギミック。

 元々の状態でかなりリフトアップされているので、サスペンションが非常に深く沈み、指を離すとグワン!!! となるのがクロスカントリー風でグッド!!!

landcruiser70 (12)
landcruiser70 (13)
landcruiser70 (14)

 というわけで25台目のコレクション、トヨタランドクルーザー70でした。

 正直、ホットウィールやジクに比べるとトミカってそこまで趣味では無いのですが、このランドクルーザー70は別格!!!

 素晴らしい出来栄えです。

 トミカ好きならずとも、3インチミニカー好きなら必ず押さえておきたい一品ですね。

 私はピックアップトラックって大好きなんですが、以外と今までのコレクションにはMINIのピックアップが一台あるだけ。

 このランドクルーザー70で2台目です。

 空前のピックアップトラックブーム到来の予感!!!


 【コレクション台数 25台】

 【コレクション使用額 6456円】 

toyota2000gtitaria (1)
【TOMIKA 〈世界の国旗トミカ〉 トヨタ2000GT イタリア国旗タイプ】

タカラトミー製 販売元ユニー 税込み648円

名古屋に本社があるユニーグループホールディングスの店舗ブランド「アピタ」「ピアゴ」で限定販売されているトミカ。 

 〈世界の国旗トミカ〉としてトヨタ2000GTをベースに様々な国の国旗をモチーフとしたカラーリングでペイントされています。

 トヨタ2000GTがベースなのは、ユニーが名古屋の企業だからでしょうね。

 このイタリア国旗バージョンはイタリア国内で開催される、架空のラリーへレースへの参加車という設定で、他の国旗トミカに比べてかなり凝ったカラーリングが施されています。

 クルマの世界で、イタリアって特別ですからね~♪

 
toyota2000gtitaria (2)
toyota2000gtitaria (3)

 うちの奥さんの実家の近くに、ピオニウォークというアピタが展開する郊外型大型ショッピングモールがありまして。

 奥さんの実家に行ったときは必ず行くのですが、そこで今までいろんな国旗の限定トミカを見てきました。

 ただ、正直なところ国旗のデザインを無理矢理当てはめたものが多く、そこまで格好良く無いし、別にいらんな~

 って思ってたんですよ。

 しかし!!! このイタリア国旗バージョンを発売予告を見た瞬間、考えがガラリと180度変わりました。

 いや、超格好良いんですけど!!!

 三色のストライプに加え、ボディサイドのチェッカリング「27」のゼッケン、

 そしてボンネットにあしらわれたイタリア全土の姿!!!

 これは買うしかあるまい!!! と心に決めたわけです。

 しかし。なかなかうまくは行かないわけで。

 ちょうど仕事が忙しくて奥さんの実家に行く余裕が全くないタイミングが発売日だったんですよね。

 どうしよ~と思っていたらなんと!!! 義理の母が買ってきてくれたんです!!!

 義理の実家と上手く行かない話は良く聞きますが、私はいつもものすごく良くしてもらっているので、本当に恵まれていると思います。

 お義母さん、ありがとう!いつも感謝感謝です!!!

 お金を渡そうとしたら「いいのよ~」といただいてしまったので購入金額は0円です。

 いやあ、これだと自分33歳というより小学生ですね。

 
toyota2000gtitaria (4)
toyota2000gtitaria (5)
toyota2000gtitaria (6)
toyota2000gtitaria (7)
toyota2000gtitaria (13)
toyota2000gtitaria (14)

 全長72㎜

 全幅29㎜

 全高20㎜

 1/59スケール。


 世界の国旗シリーズのトヨタ2000GTは、2002年に発売されたトミカリミテッド用の金型を使用しています。

 シャープな造形や、クリアーパーツで再現されたヘッドライトなど、全体的に凝った構成なのはそもそもノーマルのトミカではないからなんですね。

 なんといっても国旗の枠を越えたスタイリッシュなカラーリングが魅力的。

 単純な3色ストライプでは無く、左右のチェッカリングや「27」のゼッケン、ボンネットに大きくあしらわれたイタリア全土の地図と他の国旗トミカとと比べ、格段に優れた彩色がされています。

toyota2000gtitaria (8)

 車体裏には

                                      TOMIKA

                                     ©2002 TOMY

                                     TOYOTA  S=1/59
                                     2000GT
                                     MADE IN VIETNAM

と刻印されています。

ベトナム製ですね。

toyota2000gtitaria (9)

 ギミックはサスペンションの可動と、

toyota2000gtitaria (10)
toyota2000gtitaria (11)
toyota2000gtitaria (12)

 ドアが開閉します。

toyota2000gtitaria (15)
toyota2000gtitaria (16)

 というわけで15台目のコレクション、トヨタ2000GT イタリア国旗タイプでした。

 限定トミカは結構「?」なカラーリングのものもありますが、このトヨタ2000GTのような大当たりもあるのでこれからはちゃんとチェックしようと心に決めましたね。

 イオン、イトーヨーカドー限定トミカも気になってきたので、自分の行動範囲の中で店舗を探さないと。

 ああ、なんかミニカーコレクションの深みにハマってきた気がする……



 【コレクション台数 15台】

 【コレクション使用額 3270円】 

_DSC0759
【TOMIKA No112 SUBARU FORESTER】

 タカラトミー製 税抜き定価450円

 実車はスバルが製造、販売しているクロスオーバーSUV。

 インプレッサとプラットフォームを共用しています。

 このトミカは4代目フォレスターを立体化したもの。

 3代目とくらべてより車高が高くなり、見た目も威圧的に。

 よりSUVらしくなったフォレスターをバッチリ再現……してるんじゃないかな?

 実車のお値段は2149200円~3020760円とのこと。


_DSC0764
_DSC0765

 トミカ2台目となったのはまたもやスバル車。フォレスター君です。

 購入した理由は……そう!!! 以前紹介したBRZと同じ理由。

 父親の車だからです。

 私に息子が生まれてすぐ、「孫も出来たし、家族がたくさん乗れるファミリーカーって大事だと思うからこの車にしたんだ♪」と我が家にやってきたフォレスター君。

 1年前はまったく車に興味が無かったので、「ああ、お父さんもついにファミリーカーとか意識するようになったんだな…… おじいちゃんになるってこういうことか。それにしてはこの車ちょっとイカツイしなんだかインプレッサみたいなエンジン音がするな。なんでハイオクとか給油してるんだろう?」と思っていたのですが……

 改めて今現在、車に興味を持ちフォレスター君の正体を知った今「ああ、父は父なんだな」と。

 そんな父が大好きです。

 以前はいすゞのビッグホーンに25年も乗っていたし。フォレスター君も我が家で末永く大事にされるでしょう。

 奥さんと遊びに行ったピオニウォーク東松山のおもちゃコーナーにて429円で購入。

 今回はブリスター入りのものを購入しました。

_DSC0760
_DSC0761
_DSC0762
_DSC0763
_DSC0769
_DSC0770


全長70.5㎜

全高26㎜

全幅28㎜

1/65スケール

_DSC0774

 車体裏には

 TOMIKA
  ©TOMY NO.112

  SUBARU                 S=1/65
  FORESTER            2013

  MADE IN VIETNAM

 と表記されています。

 ベトナム製ですね。
 

_DSC0766

 ギミックはサスペンションの可動と

_DSC0767
_DSC0768

 リアハッチが開閉します。

 SUVは後ろに荷物を積むことが多いので、リアハッチの開閉は嬉しいですね。

 ライトは塗装での再現ですが、ヘッドライトはボディカラーごとシルバーで塗装されているので少々寂しいのが難点。

 またトミカ共通タイヤを履いているので、実車と較べてタイヤが小さく、車高もかなり低めなのも残念なポイント。

 実車に乗った経験があるだけに、どうしても気になるんですよね。

 このご時世、おもちゃの製造コストが急上昇しているので仕方がないんですが。

_DSC0771
_DSC0772

 というわけで7台目のコレクション、フォレスター君でした。

 ちょっと出来栄えに不満はありますが、手軽に手に入るフォレスターのミニカーはこれしかありません。

 ただ、3インチミニカーはちょっとチープなくらいが味があって良いのもまた事実。

 「いかに遊べるか!!!」が一番大事ですからね。

 
_DSC0773

 BRZとのツーショット。

 実家の車はあとデミオとジムニーがあるのですが、現行型ジムニーの3インチミニカー って無いんですね。

 あんなにいろんなとこを走っているのになあ。

 【コレクション台数 7台】

 【コレクション使用総額 1700円】
 
 

BRZ01

 【トミカNo120 スバルBRZ】

 タカラトミー製 定価税抜き450円

 実車はトヨタとスバルの資本提携により開発されたFRスポーツカー、トヨタ86のスバル販売車バージョン。

 トヨタ86とはライト周りなど、フロントの形状が違うのが特徴。スバルらしいデザインが好みで、86より私はBRZびいきです。


BRZ02BRZ03

 最近趣味で久々にカーモデルを製作し、車についていろいろ調べていたらミニカーがどうしようもなく気になりはじめまして。

 なにかミニカーを買おう! と思い立ち新宿のヨドバシカメラ西口本店ホビー館の4階へ仕事帰りにダッシュ!

 いろいろ種類が多く迷ったのですが、最初の1台はスタンダードにトミカにしておこう、とこのBRZを購入しました。

 定価450円、ヨドバシでは割引で340円でしたが、溜まっていたポイントを使って購入したので0円です。

 数あるトミカの中でも、BRZを選んだのは私の父親が乗っている車だから。

 実家に帰ったとき車庫のインプレッサがBRZに変わっていたときはそりゃあびっくりしました。

 父のBRZはライトニングレッドなので、欲を言うと赤いBRZのトミカが欲しかったのですが、まあスバルといえばブルー・マイカですよね。
 

【四面図と車体上部】 
BRZ04
BRZ05
BRZ06
BRZ07
BRZ08
BRZ09

 全長72㎜
 全幅30㎜
 全高22㎜

 スケールは1/60となっています。

BRZ10

 車体裏面。

 製造国はベトナム。

【ギミック】
BRZ11
BRZ12

 ドアの開閉ギミック。

 ドアを開くとよく見えるインテリアもかなり実車に忠実に際限されています。

 父親のBRZに乗ったときのことを思い出しますね。

BRZ13

 サスペンションの可動ギミック

BRZ14
BRZ15

 というわけでコレクション第一号、トミカのBRZでした。

 最初はブルーなのでそこまで気に入っていなかったのですが、遊んでいるうちに愛着が湧いてきました。

 いつか赤いBRZのトミカが出るといいな~と心より願っています。

 いっそもう一台買って塗るかな。


 【総コレクション台数1台 】

 【コレクション使用総額 0円 】



↑このページのトップヘ