ディスカウントミニカーコレクション

ホットウィール、マジョレット、siku、トミカを中心とした3インチダイキャストミニカーのコレクションブログです。一台につき10枚以上の詳細な写真を掲載。実車のスペックからミニカーの解説まで、丁寧なレビューを心がけています。 質問や連絡したいことがあればhayashiteppei30@gmail.comまでご連絡ください。

2015年10月

minicooperwrcretorosports (1)

【majoRETTE MINI COOPER WRC RETRO SPORTS】

マジョレット製 販売元カバヤ 定価360円

 実車はミニ・クロスカントリーをベースに、イギリスのレーシングコンストラクターであるプロドライブが開発した競技専用車。

 正確な名前は「ミニ・ジョン クーパー ワークスWRC]です。

 2011から2シーズンに渡り、WRCに参加しました。

 「クーパー」の名前はかつて初代ミニで数々のレースに出場し、ミニの代名詞ともなった往年の名チューナー「ジョン・クーパー」の名前から取られています。

 かつてのミニクーパーのようにラリーでは大活躍し、2012年には2位に入賞。

 BMWはその後WRCからはワークスとしては撤退してしまいましたが、プライベーターチームではまだミニ クロスカントリー使用しているチームもあるようですね。

minicooperwrcretorosports (2)
minicooperwrcretorosports (3)

 保育園の説明会に行ってきました。

 息子はもうすぐ2歳。

 ちょっと早いかな~とも思いますが、保育園に入れることになったんですよね。

 説明会の会場は川越市南文化会館というところで、家からだと最短距離の会場だったのですが、それでも遠い。

 作戦が「ガンガンいこうぜ」「おれにまかせろ」だけで、「命令させろ」が備わっていない息子を連れて遠出するのは至難の業なので、奥さんに息子をお願いして一人で向かうことに。

 会場では男は私一人だけ!!!

 みんな子連れのお母さんばかりで、ちょっと場違い感を味わいつつ、書類を提出してきたわけです。

 その帰り道、最近行ってなかったコープみらいに食材を買おうと足を伸ばしたのですが……

 なんと!!! 以前フォードマスタングBOSSと天秤にかけてあきらめたミニクーパーWRCのレトロスポーツVerが入荷しているではないですか!!!

 迷わずひっつかみ、372円にて購入したわけです。

 思えば、同じメーカーの同じ車種の色違いを買うって初めてですね。

minicooperwrcretorosports (4)
minicooperwrcretorosports (5)
minicooperwrcretorosports (6)
minicooperwrcretorosports (7)
minicooperwrcretorosports (8)
minicooperwrcretorosports (9)

 全長70㎜

 全幅32.8㎜

 全高26㎜

 1/58スケール。

 マジョレットのミニクーパーWRCは2015年春のニューモデルで、このレトロスポーツバージョンは2015年7月から販売が始まったもの。

 濃い目のメタリックグリーンのボディカラーに、ホワイトのレーシングストライプが入っています。

 フロントガラスやヘッドライトはほとんど黒に近い、濃いスモークのかかったクリアーパーツ。

 マジョレットミニカーは全般的にインテリアの出来が非常に良いのですが、その部分が見えないのはちょっと残念かもしれません。

 以前のWRCカラーは鮮やかなレッドのボディカラーだったので窓ガラスが黒くてもそれほど気にならなかったのですが、ボディカラーが濃い目なので、ちょっと地味目に見えちゃうんですよね。

 ホイールは2015年から登場したディスクブレーキのディテールが入っている精密なもの。

minicooperwrcretorosports (10)

 車体裏には

 majoRETTE

   REF:294F
   
   MADE IN THAILAND CE

   ECH:1/57

  MINI COOPER WRC

 と刻印されています。

 タイ製ですね。

minicooperwrcretorosports (11)

 ラリーカー仕様と並べてみました。

 派手さではラリーカー仕様に軍配が上がりますが、オールドスタイルなエクステリアが魅力のミニには渋いカラーリングとレーシングストライプはベストマッチですね。

minicooperwrcretorosports (12)
minicooperwrcretorosports (13)
minicooperwrcretorosports (14)

 というわけで記念すべき50台目のコレクション、ミニクーパーWRCレトロスポーツでした。

 今年の1月からミニカーコレクションを初めて10ヶ月。

 ついに50台目に到達してしまいました。

 一月5台ペースというのは多いのか、少ないのかちょっと判別しがたいですが、もし「複数買いしない」「ブログを更新しない限り新しいのは買わない」というルールを設けていなければ、現時点で100台くらい余裕で超えていたにちがいありません。

 自分が言えたセリフでは無いんですが、趣味を続けるには節度って大事ですよね。 

 【コレクション台数 50台】

 【コレクション使用額 15444円】 

 
 

MADSPLASH (1)

 【Hot Wheels MAD SPLASH 2015-113/250 HW-OFF-ROAD™ TREASUREHUNT】

  マッドスプラッシュはホットウィールオリジナルデザインのパワーボート。

 クリアーブルーのプラスチックで成型された波型のシャシーにボートが乗っかるという異色のデザイン。

 デザインはブライアン・ベネディクト氏が担当しています。
 
MADSPLASH (2)
MADSPLASH (3)

 久々に西友へホットウィール漁りに行ってきました。

 最近ちょっと忙しく、気がつけば一月くらいミニカーを買っていない!!!

 買わねば!!!

 と上福岡まで足を伸ばしたわけです。

 なんとな~くブリスターパックを眺めていると……?

 奥のほうになんと!!! トレジャーハントのマッドスプラッシュがあるではないですか!!!

 マッドスプラッシュは2~3ヶ月くらい前のトレジャーハントだったはずですが、まさか残っていたとは。

 205円にて購入。

 
MADSPLASH (4)
MADSPLASH (5)
MADSPLASH (6)
MADSPLASH (7)
MADSPLASH (8)
MADSPLASH (9)

 全長78㎜

 全高23.4㎜

 全幅30㎜

 本物が存在しないので正確なスケールはわかりませんが、ホットウィールなので1/64ということにしておきましょう。

 マッドスプラッシュは2011年に金型が作られ、2012年のファーストエディションとして販売されました。

 このモデルは2015年にトレジャーハントシリーズの一つとしてラインナップされたもの。

 ミニカーのモチーフやラインナップとして、船やボートというのは少ないもののそこまで珍しくはありませんが、水しぶきをシャシーにするという奇想天外なアイディアはホットウィールならでは。

 シャシーと船体の黒いライン、エンジンがプラスチック製で、ボート本体はダイキャスト製。

 きらびやかな砂浜が似合いそうな、ホットウィールのコンセプトである「カリフォルニアスタイル」を体現している一隻?ですね。

MADSPLASH (10)

 車体裏には
 
 ©2011 Mattel
  1186 MJ,I,NL

  Mad Splash™
  H10   made in
         MALAYSIA 

 と刻印されています。

 マレーシア製ですね。

MADSPLASH (11)
MADSPLASH (12)
MADSPLASH (13)

 というわけで49台目のコレクション、マッドスプラッシュでした。

 最近色々と忙しく、なかなかミニカーを買うタイミングやブログを更新するヒマがつかめず、ほぼ一月ほどブログをほったらかしに。

 良くないですね。

 気がつけば次で50台目。

 気合いを入れて、記念になるようなのを探しにいかないと!!!

 しかし、50台目を目前に使用額が15000円超え。

 最近ジクのミニカーとか、トミカの限定品とかよく買ってたからなあ……



 【コレクション台数 49台目】

 【コレクション使用額 15072円】



  

↑このページのトップヘ