ディスカウントミニカーコレクション

ホットウィール、マジョレット、siku、トミカを中心とした3インチダイキャストミニカーのコレクションブログです。一台につき10枚以上の詳細な写真を掲載。実車のスペックからミニカーの解説まで、丁寧なレビューを心がけています。 質問や連絡したいことがあればhayashiteppei30@gmail.comまでご連絡ください。

2015年03月

DBSV12 (1)
DBSV12 (2)

 【成近屋 ミニカー 乗用車シリーズ アストンマーチンDBS V12】

 成近屋製 税込み定価108円

 実車はイギリスの自動車メーカー、アストンマーチンが製造していたスポーツカー。

 映画「007カジノ・ロワイヤル」でボンドカーとして華麗にデビュー。

 その後市販されるというなんとも素敵な経歴のクルマです。

DBSV12 (3)
DBSV12 (4)

 先週末も奥さんの実家へ泊まりにいっていたのですが、義理の両親が息子を動物園に連れ出してくれたので、ちょっとフリーな時間ができたわけです。

 のんびりするのもいいけれど、ウォーキングがてら、最近奥さんの家の近くに出来たセリアまで足を伸ばしました。

 お目当てはもちろん、ホンウェル製のインテリアオブジェミニカー!!! MINIのピックアップしかもっていないので、他のも欲しかったんですよね。

 いつも行く川越のセリアではすでに壊滅状態。

 オープンしたばかりのセリアにならあるに違いない! と一縷の望みをかけていたんですけど……

 残念ながらインテリアオブジェミニカーは影も形も無く。

 仕方がないので息子へのおみやげ用にキ全身ンキラキンのメッキが施された「メタリックソード」という勇者の剣みたいなおもちゃを買い、自分用にこのミニカーを買ったわけです。

 セリアライフガーデン東松山店にて108円で購入。


DBSV12 (5)
DBSV12 (6)
DBSV12 (7)
DBSV12 (8)
DBSV12 (13)
DBSV12 (14)

 全長84㎜

 全幅31.5㎜

 全高24.1㎜

 1/56スケール。

 3インチミニカーとしてかなり大きめ。

 ジクのミニカーと同じくらいの大きさですね。

 インテリアの後部座席周りにゼンマイを入れるような空間があるので、元々はブルバック式のミニカーだったものを改修したのでしょう。

 ミニカーの製造元は大阪にある成近屋という玩具や景品、知育玩具の卸問屋で、創業は昭和25年とかなりの老舗。

 成近屋のネットショップ、チカトーイというホームページでこのミニカーが紹介されていますが、他の商品ラインナップを見てみると、セリアのおもちゃコーナーで見たことがあるものが多く、たくさんの商品をセリアに卸しているようですね。

 見ての通り、エクステリアはメタリックブルー1色とあっさりしていますが、ウインドウはクリアーパーツでインテリアもある程度再現されていますし、サイズも大きめ。

 ホイールは全車共用なのですが、DBS V12のホイールには5本スポークのものもあり、比較的似ている? と言っていいのかな~?

 世界的な原価高の中、100円でこのクオリティならば十分なんじゃないでしょうか。

 ちなみにこのシリーズは全6種類で、他はブガッティ・ヴェイロン、メルセデス・ベンツSLS AMG、ランボルギーニ アヴェンタドール、カマロ、フェラーリ?というラインナップ。

 アストンマーチンDBS V12を選んだのはこの中で一番塗装が綺麗で、かつ他の3インチミニカーで発売されているものが少なく、まあこれでコレクションしてもいいかな? と思ったからです。

 自分の購入ルールだと、京商の1/64もホットウィールのDBSもとてもじゃないけれど手に入りませんからね。

 
DBSV12 (10)

 車体裏の刻印は無し!!!

 チープ玩具の王道をゆく、なんとも漢らしい仕様。

 パッケージにはMADE IN CHINAとしっかりと表記されているので問題なし。

 安定の中国製です。

 車体とシャシーの接続はカシメではなくてネジ。

 これはブルバックカーだったからでしょうか?

DBSV12 (9)

 ギミックはプラスチック製シャシーの弾力を活かしたサスペンション機構。

 後輪は深く沈みますが、前輪はほとんど動きませんね。

DBSV12 (11)
DBSV12 (12)

 というわけで14台目のコレクション、アストンマーチンDBS V12でした。

 私は今年ミニカーコレクションを始めたので見たことがないのですが、かつてはダイソーでかなり高クオリティなマイストやリアルトイ製のミニカーが置かれていたとか。

 いいなあ。と思う反面、再現なくコレクションが増えそうな気もするのでこれでいいのかも。

 インテリアオブジェミニカー復活しないかなあ。

 モーガンとか超欲しいんですよね。

 ホンウェル製のミニカーは安くてすごく良い出来なんですが、自分の家の周りに売っているところがまったく無いのが残念で仕方がないです。

 【コレクション台数 14台】

 【コレクション使用額 3270円】 

akyione concept (1)

 【majorette Akylone Concept

 マジョレット製 税抜き定価360円

 
 実車はフランスの新興自動車メーカー、ジエンティオートモーティブが製造する予定?のスーパーカー。

 クーペ10台、ロードスター15台の合わせて25台限定で生産されるとのこと。

 少数生産で高級車を販売し、利益を出すビジネスモデルの自動車メーカーはたくさんありましたが、大手自動車メーカーの傘下に入らず、独立を維持するのは至難の技。

 過去の自動車メーカーの名前を使ってスポーツカー開発を試みるものの、あえなく倒産したメーカーは数しれません。

 ジエンティオートモーティブによると2014年末に最初の一台を生産する予定だったらしいですが、2015年3月の今、ネットで検索してもそれらしき実車の動画や写真は見当たらず。

 さて、CGでは無い、本物のアキロンが道路を走る日はやってくるのか?

 ちなみに実車の価格はブログを書いている現在では、まだ公開されていません。

 マジョレットのモデルは動画CGやショー用の1/3スケールの模型を参考に立体化したもの。

akyione concept (2)
akyione concept (3)

 今日は家族で川越散策。

 奥さんがクラッセ川越の児童館で息子を遊ばせている間、ちょちょいとミニカー探し件運動不足解消のウォーキングをしておりました。

 川越に来たときは基本丸広のボーネルンドでジクのミニカーを買うのですが、一人でちょっと遠出できたので蔵造りの町並みの手前にあるコープみらいまでマジョレットミニカーを見に行ったわけです。

 ウチの近所のコープみらいのマジョレットは新作がいつも一瞬で狩られるので、今回もあまり期待してなかったのですが……

 ななんと!!! 目立たない食玩コーナーの片隅に新作マジョレットがぎっしり詰まっているではありませんか!!!

 とりあえず物色すると、ブリスターの中でひっくり返ったマジョレットにしてはえらい小さなミニカーを発見。

 見たこと無い車だな? Akyloneって何? とその場でスマホでググり、詳細をチェックして買うことを決定しました。

 最後までラリー使用のMiniと迷いましがね……やはりマジョレットなので、フランス車を優先したかったんですよね。

  ミニコープ仲町店にて372円で購入。

akyione concept (4)
akyione concept (5)
akyione concept (6)
akyione concept (7)
akyione concept (9)
akyione concept (10)

 全長64.5㎜

 全高17.5㎜

 全幅30.5㎜

 1/68スケール。

 大事なことなので二度書きますが、1/68というスケールがこのミニカー最大の特徴です。

 とにかく小さい!!!

 マジョレットミニカーは3インチミニカーとしては大柄なのが魅力の一つ。

 しかしこのアキロン、1./68とホットウィールよりも小さい。もう少しで1/72に手が届くレベルです。

 コスト高の影響は恐ろしいですね。基本的にギミックは無しで、マジョレットおなじみのサスペンション可動もありません。

 しかし、造形面はその点非常によく出来ています。

 ボディの塗装はむら無くキレイで、ストライプのタンポ印刷もビシっと美しい。

 クリアーパーツの透明度は高く、そこから覗くインテリアのディテールはこの手の3インチミニカーとしてはシャープな造形。

 クリアーのエンジンフードから覗くエンジンも雰囲気良く作られており、思わずじ~っと眺めてしまいます。

 他のマジョレットミニカーとはかなり違ったミニカーですが、造形の良さと仕上げの良さ、という大事なポイントを押さえているので本当に格好良いですね。

 なによりもAkyloneの3インチミニカーなんてコレ以外出そうに無いですし。
 
akyione concept (8)

 車体裏には

                       majorette
                                                 REF 229C

                             MADE IN THAILAND        CE

                                                    ECH:1/68

                                     Akylone Concept

 と刻印されています。

 タイ製ですね。

 

akyione concept (11)
akyione concept (12)

 というわけで13台目のコレクション、アキロン コンセプトでした。

 いろいろ書きましたが、いかにもスーパーカー!!! という車で非常に気に入りました。

 動画の印象だとブラックなのですが、この鮮やかなブルーもフランス車らしくて良し!!! 

 マジョレットの新作はいくつも欲しいものがありますが、一期一会なミニカーなのでなかなか欲しいものを手に入れるのが難しいですね。

 次川越行くまでMINIは生き残ってくれてるかな~?

 【コレクション台数 13台】

 【コレクション使用総額 3162円】

 

SLSAMG (2)
 
 【siku MERCEDE‐BENZ SLS AMG】

 ジク製 定価650円

 実車は2010年から2013年までメルセデス・ベンツから販売されていたスーパーカー。

 メルセデス・ベンツのチューニング部門AMGが初めてゼロから開発した車で、ガルウイング状に開くドアやボディのデザインなど、往年の名車300SLがモチーフとなっています。

 SLRマクラーレンの実質的な後継車ですが、価格は大幅にダウン。

 半分以下の2490万円からの販売価格となっています
 

SLSAMG (3)
SLSAMG (4)

 以前ジクのSLRマクラーレンを購入したとき、次は後継車であるSLS AMGを買って隣に並べよう! と決めていました。

 久々に川越に遊びに行ったので、おなじみ丸広百貨店のボーネルンドコーナーにてゲット。

 最初はまったく見当たらず、売り切れかな……と諦めたのですが、息子が唐突にミニカーのブリスターがたくさん釣られている台をくるくる回しだし、横から覗くと奥のほうに2台だけ残っていました。

 ありがとう息子よ。おかげて父さんはSLS AMGをゲットできたよ!!!

 購入価格は税込み702円。購入最高価格更新です。

 ちなみに以前購入したSLRマクラーレンは440円でした。

SLSAMG (5)
SLSAMG (6)
SLSAMG (7)
SLSAMG (8)
SLSAMG (12)
SLSAMG (13)

 全長83.2㎜

 全幅30㎜

 全高23.8㎜

 1/55スケール。

 現在の3インチミニカーとしてはかなり大きめのサイズ。

 ライトはヘッド、テール共々クリアーパーツで、テールライトはクリアーレッドで成型されています。

 カラーリングはベンツらしいシルバー。

 輝きが強く、高級感抜群です。

 リアのSLS AMGのロゴもオーナメント共々シャープにビシっと印刷されており、内側がちゃんと黒く塗られているフロントのオーナメントと合わせて全体を引き締めてくれますね。

 ホイール、ゴム製のタイヤ共々専用設計の実車に則したものを履いているのもグッド!!! 

 欲を言えばSLRマクラーレンのホイールのようにスリットが抜けていると嬉しいんですが、これは贅沢言い過ぎですね。

 
SLSAMG (9)

 車体裏には

       Mercedes‐Benz
                 SLS AMG

               siku

  571PS           6208com
 420KW             317/Km/h
 6800U/min       8 zyl


         Sleper gmbH
         Posfach 2569
         D-58475 Lud

          144500001
           LR 14244

       Made in China

 と刻印されています。

 中国製ですね。

 
SLSAMG (11)
SLSAMG (10)

 ギミックはSLS AMGのシンボルでもある300SLから受け継いだガルウイングドアの開閉。

 トミカとマジョレットミニカーからもSLS AMGは発売されていますが、どちらもガルウイングドアの開閉ギミックは再現されています。

 車自身のシンボルと言えるギミックですから、これは絶対に外せないポイントですね。

SLSAMG (16)

 同じジク製のSLRマクレーンとの2ショット。

 SLR300、300SLと共にメルセデス・ベンツの伝説的な名車をモチーフとしていますが、こうして並べてみるとずいぶんスタイリングが違います。

 300SLをモチーフとしたSLS AMGのほうがよりロードカーらしいデザインに感じますね。

SLSAMG (14)
SLSAMG (15)

 というわけで12台目のコレクション、メルセデス・ベンツSLS AMGでした。

 正直なところ、以前はこの真上にパカッと開くガルウイングドアはあまり好きでは無かったのですが、モチーフとなった300SLのガルウイング採用エピソードを知ると、とたんに格好良く見えてくるから不思議ですね。

 ジクからは300SLも発売されているので、次はぜひご先祖様と並べてみたいところです。

 【コレクション台数 12台】

 【コレクション使用総額 2790円】



SPEEDSLAYER 01

 【Hot Wheels SPEED SLAYER™ 2015-180/250 HW RACE™】

 マテル製 定価300円

 実車の存在しない、ホットウィールオリジナルデザインのミニカーです。

 モチーフは速度記録挑戦車「レコードブレイカー」。

 干上がった湖など、まっ平らな地面をジェットエンジンで加速し、最高時速を競う実験機です。

 このスピードスレイヤーはジェットエンジンを2基搭載したデザイン。

 もはや車というより地を走る飛行機ですね。

SPEEDSLAYER 02
SPEEDSLAYER 03

 こちらはモデル・カーズ226号の読者プレゼント、ホットウィール3点セットのうちの1台。

 正直かなり自分の趣味に合地したデザインで、西友で買うかどうかかなり迷ったこともあります。

 こんな形で我が家にやってくるとは!

 あのとき買わなくて良かった……

 プレゼント当選品なので、購入価格は0円です。

SPEEDSLAYER 04
SPEEDSLAYER 05
SPEEDSLAYER 06
SPEEDSLAYER 07
SPEEDSLAYER 08
SPEEDSLAYER 09

 全長76㎜

 全高22㎜

 全幅30㎜

 実車が無いため正確なスケールはわかりませんが、ホットウィールなので1/64スケールです。

 車体下部がダイキャストというちょっと変わった構成ですが、プラスチック製のボディの赤い成型色が鮮やかで、ボディの塗りむらが無いので非常に清潔感がある仕上がり。

 コクピット、エンジン、ダクトのメッキパーツがポイントを抑えた配置となっているため、実車が無いにもかかわらずリアリティを感じます。

SPEEDSLAYER 10

 車体裏には

 ©2014 Mattel
 1186.MJ.I.NL

 CHF06    Hot Wheels   
 G47

 made in Malaysia

 と刻印されています。

 マレーシア製ですね。

 タイヤは速度記録車らしく薄いものを履いています。

 ニヤリとさせてくれるこだわりポイントですね。


SPEEDSLAYER 11
SPEEDSLAYER 12

 というわけで11台目のコレクション、スピードスレイヤーでした。

 思っていた以上に良い出来で、かなり気に入ってきました。

 キラキラしたメッキパーツって好きなんですよね。

 ミニカーならプラモみたいにメッキを剥がして塗装しなければならないわけでもないし♪

 アメリカンなタンポ印刷も大事ですけど、メッキパーツもホットウィールには欠かせませんね。


 【コレクション台数 11台】

 【コレクション使用総額 2088円】



McLarenP1 01

 【Hot Wheels McLaren P1 2015-223/250 HW WORKSHOP™】

 マテル製 定価300円

 実車はマクラーレン・オートモーティブが販売しているスポーツカー。

 名前の「P1」はレースの「ポジション ワン」、つまり先頭を走るナンバーワンであるという自信満々なネーミング。

 モーターとエンジンを搭載したハイブリッド車で、最高出力はなんと916PS。

 最高時速は350キロを超え、ニュルブルクリンク北コースを6分台で走り切るとか。

 有機的な曲面主体のデザインは自然や動物をモチーフにしたもの。

 お値段は驚きの9661万5000円。

 1億円しないというのは以外と安い? 

McLarenP1 02
McLarenP1 03

 こちらはモデル・カーズ226号の読者プレゼントで当選したホットウィール3点セットの1台。

 西友に行くたびに「あるかな~♪」と探していたのですが当然人気車種なので狩られた後でした。

 なので今回このような形で入手できて本当に嬉しいです。

 モデル・カーズ編集部の方々、本当にありがとうございます!!!

 当選品なので購入価格は0円です。

McLarenP1 04
McLarenP1 05
McLarenP1 06
McLarenP1 07
McLarenP1 08
McLarenP1 09

 全長72㎜

 全高19.5㎜

 全幅30.1㎜

 1/64スケール。

 上から見ると、フロントウインドウ、ルーフ、リアウインドウが一体となった独特のデザインがよく解ります。

 生物がデザインモチーフというだけあり、古代の魚のような形をしていますね。

 ホイールは実車に忠実なデザインの新規造形品を履いているのでグッド!!!

 車高も含め、実車の雰囲気をよく再現しています。

McLarenP1 10

 車体裏には

 made in Malaysia
 1186.MJ.1.NL
 ©2014.Mattel

 Hot Wheels

 CFH20
 McLaren P1™

 と刻印されています。

 マレーシア製。

 ちなみにこれまで所有しているホットウィールの製造国ロゴは全て大文字で表記されていたのですが、このマクラーレンP1は頭文字以外は小文字の表記となっています。

 なにか記述のルールがあるのでしょうか?

McLarenP1 11
McLarenP1 12

 というわけで記念すべき10台目のコレクション、マクラーレンP1でした。

 2015年1月からミニカーコレクションを始めたのですが、思ったよりも早く10台の壁を突破してしまいました……

 だいたい週一個のペースで購入しているのですが、気が付いたら増えてますね~

 って、計算すると年間で52台にも増える!!!

 今から保管方法をしっかりと考えないと。


 【コレクション台数 10台】

 【コレクション使用総額 2088円】 

  

↑このページのトップヘ