トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (1)

 【TOMICA APITA PIAGO ORIGINAL <WORLD NATION FLAGS TOMICA> TOYOTA2000GT ROSIA NATION FLAG TYPE】

 タカラトミー製 販売元ユニー 税抜き定価600円

実車解説


 数ある日本車の中でも最も希少価値が高く世界のカーコレクターが喉から手が出るほど欲しいマシン…… トヨタ2000GTは道具としての性能を突き詰めて成功した日本車の中でも特異点と言える存在です。

 アメリカのオークションでは67年型イエローの2000GTが日本車最高額となる1億2千万円で落札され、レプリカが1700万円近い値段で売り出されるなど生産終了から50年以上経過しても人気は衰えるばかりかますます上がってゆくばかり。

 トヨタ2000GTのどこがここまで人々を惹きつけるのでしょうか?

 トヨタ2000GT前夜…… 1960年台に入り、モータリゼーションが進んできた日本では各メーカーが実用性重視だけではない、クルマを楽しむためのスポーツモデルの販売をはじめました。

 ライバル日産はフェアレディ、新興メーカーホンダはSシリーズを送り出します。

 こういったスポーツカーは販売面での主力にはなりませんが、スポーティーなイメージと技術力のアピールにより、走る広告塔として非常に重要な存在だったのです。

 トヨタは市販車のパプリカをベースにした「トヨタスポーツ800」を送り出しますが、小型車でインパクトが少なく、日本一の自動車メーカーであるトヨタのフラッグシップモデルとしては力不足でした。

 そんな中、1964年に開催された第二回日本グランプリでの敗北をきっかけに、「トヨタに相応しい本格的なスポーツカーを」と2000GTの開発が始まります。

 開発はトヨタが当時エンジン技術に定評があったヤマハ発動機に協力を持ちかける形で共同開発され、スポーツカーとしては異例のわずか10ヶ月という短期間で完成。

 1965年の東京モーターショーには白いボディの試作車が展示され、ヨーロッパのスポーツカーのような流れるようなボディラインに当時最新の技術であったリトラクブルヘッドライト装備した姿は大きく話題を呼びます。

 販売前のプロモーションとして映画「007は二度死ぬ」にも登場し、「日本車がついにボンドカーになった!!!」と世界中の人を驚かせました。

 製造はヤマハ発動機が受けおい、1967年から生産が始まります。

 複雑な構造ゆえほぼ手作業による組み立てで、工業製品というよりも伝統工芸品のような生産方式であったため生産台数は伸びず、生産終了の1970年までの3年間で総生産数はわずか337台。

 価格は238万円で、同時代のクラウンの2倍、カローラなら6台も買える高価格設定で、車の価値などを考えて現代の価格に換算すると3000万円もの金額となります。

 ただし、これでも一台売るたびに赤字がでる価格設定だったらしく、トヨタは2000GTの経費は広告費と見なしていました。

 性能も当時の日本車としては破格のもので、各地のレースや長距離速度記録車としても活躍し、トヨタの技術力を日本どころか世界に見せつけたのです。

 トヨタ2000GTの最大の功績は日本車の評価を「便利なだけど、ダサい道具」から「かっこいい車」へと評価が変わってゆく先鞭をつけた存在となったことです。

 時は過ぎ、1970年台後半のスーパーカーブームにおいても、2000GTだけは日本車ながらにスーパーカーと認められていました。

 そして50年立つ今もそのスタイルは人々を惹きつけます。

 時代を超えても変わることのない、普遍的なカッコ良さが見ただけで伝わってくる。

 トヨタ2000GTはそんなクルマなんです。


 スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-4087837719953310"
data-ad-slot="5623508383">


 
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (2)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (3)

購入日記


 林家に緊急事態です!!!

 奥さんが高熱を出して倒れてしまったんです。

 最近1歳になった娘は歩きだしてからやんちゃばかり。

 そんな娘の面倒を奥さんにず~っと見てもらっていたので、無理がたたったようで……

 子供と一緒だと寝て休むこともできないので、義理の両親にお願いして奥さんの実家へ私、息子、娘の3人で奥さんの風邪が治るまでお邪魔することに。

 風邪の奥さんを一人で家に置いていくのは忍びないのですが、これが一番休めるみたいだったので……

 息子はおじいちゃんおばあちゃんに甘えまくりで幸せそうですが、問題は娘。

 私にべったりで、視界から私が消えた瞬間泣き出す泣き出す。

 なのでトイレ以外はず~っと一緒に娘と過ごすことに。

 まあ食べたくなるくらい可愛いのでいいんですけどね(笑)

 息子がおじいちゃんと動物園に行っている間に私は娘を連れてピオニウォーク東松山へお散歩。

 娘をコジマ電気の隣の大きな滑り台がある公園で遊ばせつつ、しっかりアピタの玩具コーナーへ寄ってちゃっかり世界の国旗トミカ ロシア国旗タイプのトヨタ2000GTを518円にて購入したわけです。

トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (4)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (5)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (6)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (7)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (8)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (9)

 全長72㎜

 全幅29㎜

 全高20㎜

 実車の全長が4175㎜なので、計測すると正確な縮尺は1/59スケールとなります。

 いつでもどこでも安定して買えるのが魅力のトミカですが、各企業が販売促進のために特注した流通限定のスペシャルモデルも数多く存在します。

 <世界の国旗トミカ>は名古屋に本社があり、ショッピングセンターなどを展開している流通企業ユニ・ホールディングスの店舗ブランド「アピタ・ピアゴ」限定販売のトミカ。

 トミカリミテッドで2002年に登場したリニューアル版のトヨタ2000GTをベースに、様々な国の国旗をあしらったペイントのトミカが数多くリリースされてきました。

 当初は単純に国旗の図案をペイントしただけ、といったモデルが多かったのですが、シリーズを追うごとにデザインが洗練化。

 今は本物のレーシングカーさながらの凝ったデザインとなっており、店舗では入荷した瞬間に消えることもしばしば。

 以前はかなり前のモデルが売り場に残っていることもあったのですが、今は発売日かその次の日くらいまでに行かないとまず買えません。

 もっともネット通販なら確実に買えるので、どうしても欲しい人はユニーの通販サイトで予約しておきましょう。

 毎月新車が発売されるわけではありませんが、おおむね月4週目の土曜日が発売日となっています。

 このモデルは国旗シリーズの24番目として販売されたロシア国旗タイプ。

 ボンネットに帝政ロシアをルーツとした白・青・赤の三色旗がデザインされているのは当然として、目を引くのがボディのペイント。

 トミカらしい高品質のグロスブラックにゴールドのライン。

 イメージ的には現代のロシアというよりも、ロマノフ王朝時代の帝政ロシアの美術品を思わせる高級感抜群の仕上がりとなっています。

 ルーフにはシリーズの24番目であることを示す「24」のゼッケンと「RUSSIA RACING TEAM」のロゴが入るグラフィカルなデザイン。

 ロシアというとどうしても白やソ連時代の赤を連想しがちですが、あえて「黒金」というカラーリングで攻めてきたセンスは本当に素晴らしい。

 これは一瞬で消えるのも納得です。

トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (10)

 車体裏には

                                       TOMIKA

                                     ©2002 TOMY

                                     TOYOTA  S=1/59
                                     2000GT
                                     MADE IN VIETNAM

 と刻印されています。

 ベトナム製ですね。

ギミックと見どころ


トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (11)

 トミカ特有の板バネを使ったサスペンションギミック。

 上から押すと車体がこのくらいまで沈み込みます。

トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (12)

 ドアの開閉ギミック。

 トミカのドア開閉システムは保持用の板バネが内部に入っているので、パタン、と指定の位置に小気味よく開閉します。

 あ、書き忘れてたんですがこのモデルボンネットがホワイトでスミ入れされてるんですよ。

 この内容でわずか600円ですから、トミカ生産スタッフのクオリティーコントロール能力には脱帽です。

トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (13)

 精密な出来栄えのインテリア。

 元々レギュラーモデルよりも上位のリミテッド用だけあり、ステアリング内部もしっかり抜けています。

 ホットウィールなんかもそうですけど、上級サイドラインで販売されたモデルの豪華ポイントを探すのは楽しいですよね♪

並べてみた


トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (14)

 〈世界の国旗トミカ〉 トヨタ2000GT イタリア国旗タイプ との並び。

 イタリア国旗バージョンを買ったのは2年くらい前ですが、このあたりから国旗トミカのデザインがグン!!! と良くなったんですよね。

 なにげに2周目の国も多く、同じ国同士の別モデルを並べるのも楽しそうです。

 
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (15)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (16)
トヨタ2000GT ロシア国旗タイプ (17)

 
おわりに



 というわけで201台目のコレクション、 <世界の国旗トミカ>トヨタ2000GT ロシア国旗タイプでした♪

 土日の二日間娘とぴったりくっついて過ごしていたんですが、可愛いけれども本当に大変でした。
  
 いつも子供の面倒を見てくれている奥さんには本当に頭が下がる想いです。
  
 奥さんからは「2日間本当にお疲れ様、大丈夫だった?」と気遣われたのですが、義理両親からも非常に良くしてもらったのでこちらが感謝するしかありません。

 次は家族全員でピオニウォーク東松山に出かけて、国旗トミカをゲットしたいものです♪
  
 【コレクション台数 201台】

 【コレクション使用額 69903円】

 
 スポンサーリンク