VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (1)

【Hot Wheels VOLKSWAGEN GOLF MK7 2017‐111/365 HW ART CARS™ 6/10】

 マテル製 税抜き定価300円

  ゴルフはドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンが製造販売している乗用車。

 「ゴルフ」という名前はスポーツのゴルフではなく、北大西洋を大きく周回する海流であるメキシコ湾流のドイツ語読み「GOLF SHUTOROMU」が語源です。

 フォルクスワーゲンの乗用車は「パサート」や「ジェッタ」「シロッコ」など世界各地の風を意味する名称が付けられていることが多いのですが、ゴルフはさしずめ海を流れる風といったところでしょうか。

 1974年に発売されて以来、ハッチバック式で車内スペースが広くとれるスタイルや機械的信頼性、衝突安全性など現代の車の基本を確立。

 タイプⅠ(ビートル)に変わるフォルクスワーゲンの稼ぎ頭として、モデルチェンジを繰り返しながら販売され続けています。

 7代目5G型ゴルフは2012年から販売が開始。

 外国車として初めてカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、大きな話題を呼びました。

 基本的なフォルムは6代目5K型からほとんど引き継いでいて一見差異はわかりにくいですが、基本的なプラットフォームを一新し、パーツ点数を抑え、100Kg近い減量に成功。

 シルエットも全体的に低くなり、初代や2代目ゴルフが持っていたスポーティーなイメージが復活しました。

 ナビゲーションシステムも時代に合わせタッチパネルが採用されるなど最新の車のフォーマットはしっかり押さえています。

 日本国内の実車販売価格はエントリーモデルのトレンドラインで2499000円、最強モデルの「R」で5499000円となっています

VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (2)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (3)

 業務スーパーへの買い物ついでにイオン大井店に行ってきました。

 今月のホットウィール発売日からそれほど時間が経ってなかったので実車系モデルがけっこう残っている状態で。

 今月のノーマルトレジャーであるソープラウドなんかもぶら下がっていたんですが、ノーマルトレジャーだしな…… と贅沢にもスルー。

 最近はトミカのタイヤをホットウィールに変えるカスタムに興味が出てきたのでトミカコーナーもしっかりチェックします。

 そういえばマッチボックスの正規輸入ってもう始まってるはずですがイオン大井店のおもちゃコーナーには見当たりませんでしたね…… トイザらスにしか売ってないんでしょうか?

 悩んだ結果もうすでに1stカラー版を持っているものの、どピンクで自分の好みド真ん中ホームランだったゴルフⅦを215円にて購入。

 牛乳6本を搭載した超重量荷物を電動補助つき自転車の子供用シートにのっけて帰宅したわけです。

 子供乗せ拡張パーツは搭載量が大幅に上昇するんで買い物にはもってこいですね(笑)

VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (4)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (5)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (6)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (7)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (8)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (9)

 全長66.4㎜

 全高23㎜

 全幅30.9㎜

 実車の全長が4265㎜なので、計算すると正確なスケールは1/64となります。

 ホットウィールのフォルクスワーゲンゴルフMK7は2016年にサイドラインの「カーカルチャー ユーロスタイル」でデビューしたモデル。

 このモデルは2016年の年末に発売されたベーシックカーの2017年シリーズで、セグメント「HW ART CARS」にラインナップされたものの2ndカラーとなります。

 ホットウィールのベーシックカーにはボディカラーとタンポ印刷のグラフィックデザインを共用した色違いのモデルがある車種が存在し、一般に2ndカラーと呼ばれています。

 ダイキャスト製ボディはメタリックピンクでペイント。

 1stカラーはソリッドイエローだったので、ギラつくメタリック粒子の分お得だと感じるのは私だけでしょうか?

 ラインや水玉と「ZOOM!」などの爆発音がタンポ印刷されていますが、1stカラーとはデザインが同じながらも爆風やルーフの文字のカラーリングが変更されており、単なる手抜きの色替えでは無い本気さを感じます。

 フロントガラスはクリアーイエローのプラパーツ。

 配色的には1stカラーと比べよりサイケデリックになり、色彩の派手派手感は急上昇です。

 ホイールはイエローで成型され、リムがブラックでペイントされた「PR‐5(フィル・リールマン・ファイブスポーク)ホイール」を装着。

 カードのイラストでは1stカラー同様の10SPホイールを履いていますが、実物はPR‐5ホイールになっているのはちょい不思議ではありますが、ホットウィールには同一モデルでもホイール違いのバリエーションがある場合も多いので、10SPホイールを履いているモデルも流通しているのかもしれません。

VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (10)

  車体裏には

 Volkswagen Golf Mk7
             
               DJF83

                       Hot Wheels
    J49
               ©2015 Mattel
               1186 MJ,1,NL
             made in Malaysia

 と刻印されています。

 マレーシア製ですね。

VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (11)

 1stカラーであるフォルクスワーゲン ゴルフⅦ 2017‐16/365 HW ART CARS™ 6/10との比較。

 同じグラフィックデザインながらもベースカラーがピンクとイエローでは印象がガラリと変わって見えます。

 私としてはフォルクスワーゲン車でどピンクって究極のマッチングカラーだと思うんですよ。

 2つ並べてみると2ndカラーのほうが本命なんじゃ? と思えるほどしっくりきてるんですよね。

 1stカラーだと気になっていたVWのエンブレムのタンポが無いことも、なぜか2ndカラーではまったく気になりません(笑)

VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (12)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (13)
VolkswagenGolfMk7(ARTCARS2nd) (14)

 というわけで187台目のコレクション、フォルクスワーゲンゴルフMk7でした。

 私は基本同一モデルはできるだけ買わないようにしているのですが、何故かゴルフMK7はデビューシリーズのユーロ版も合わせて現時点ではコンプリートしている状況です。

 特に意識してないんですが、マジョレットのも持ってるんで家にゴルフMK7が4台もあるんですよね。

 パープルパッションだったら何台あってもいいんですが…… このまま行くと色違いが出たらまた買っちゃいそうです(笑)

 このゴルフを仕事場で見た息子が
 
 息子「これどこでかったの?」

 私「イオン大井店だよ」

 息子「ひとりでいったの?」 

 私「(しまった)……うん」 

 息子「ぼくもいきたかったな……」 

 としょぼんとなってたので今度の土日こそイオン大井店に連れて行ってあげるかな。

 私としてはトイザらスにいってマッチボックスのミニカーを物色したいんですけどね~

 とりあえず息子に今月号のモデルカーズに掲載されていたマッチボックス のラインナップを見せつつ、交渉したいと思います(笑)

 【コレクション台数 187台】

 【コレクション使用額 63799円】 

  
 スポンサーリンク