'17FORDGT (1)

 【Hot Wheels '17FORD GT 2016-250/73 HW EXOTICS™ 3/10】

 マテル製 税抜き定価300円

 2017年型フォードGTはアメリカの自動車メーカー、フォードモーターズが販売予定のスーパーカー。

 2005年にフォード100周年を記念して発売されたスーパーカー、フォードGTの二代目にあたります。

 数あるフォード車の中でも特別有名なル・マン24時間耐久レースで優勝した「フォードGT40」を現代に蘇らせるというプロジェクトにより誕生しました。

 2代目フォードGTは年間250台の販売数で4年間生産されることが現在予定されています。

 良く言えば質実剛健、悪く言えば地味な印象のフォード車とは一見思えないようなダイナミックなデザインをしており、2代目フォードGTはGT40と先代のデザインラインを受け継ぎつつも、よりエアロダイナミクスを取り入れた有機的な姿となりました。

 エンジンはフォード伝統のV8ではなくV6ツインターボ「エコブースト」エンジンで、環境に配慮した構造となっているようです。

 デザイン以上に話題を呼んだのがフォードGTの購入審査。

 オーナーのフォード車購入歴や先代のフォードGTを所有していること、さらには年間何時間フォードGTを運転しているか、など車に対する愛を迫られる審査基準となっており、初年度販売台数250台に対して6500人以上の応募が集まりました。

 ただ、ブランドイメージが重要な高級車では転売対策としてこのようなメーカー側によるオーナー選定はよく行われていることで、ブガッティ・ヴェイロンなどに比べればまだ基準は優しいと言えるでしょう。

 2016年末から納車が始まり、販売価格は約40万ドル(4200万円)ということです。

 
'17FORDGT (2)
'17FORDGT (3)

 ふらりと自転車で出かけたくなる日ってありますよね。

 今日はTSUTAYAにDVDを返却する日。

 時間的に余裕あったので、久々に「電動補助付き自転車でゆくふじみ野市ホットウィール巡りの旅」と洒落込みました。

 なんとなく「ふじみ野のホビーオフに行こう」と自転車をコギコギ。

 通ったことがない道でも「こっちのほうがホビーオフに違いない!!!」となんとなく進むと……

 どんどん見覚えのない風景が流れ、ものすごく心配になってきましたが、今更戻るのも面倒だし。

 ここだ!!! と思った角を曲がるとなんと!!! 目の前にホビーオフが見えているではありませんか!!!

 自分の方向感覚もまだすてたものではないみたいですね~♪

 ただ、久々にホビーオフに行ってみたはいいものの、なかなか「コレだ!!!」というモデルがありません。
 
 よっぽどサーフクレートを買って帰ろうと思ったのですが、いいや、と出発。

 帰り道にあるヤオコー上福岡駒林店がなんとなく気になり、一応ホットウィールコーナーを覗いてみるか、と立ち寄ってみると……

 なんと’17フォードGTが置いてあるではないですか!!!

 ’17フォードGTはトイザらス流通限定商品のはず。

 なんでヤオコーに? と思いつつも324円で購入したわけです。

'17FORDGT (4)
'17FORDGT (5)
'17FORDGT (6)
'17FORDGT (7)
'17FORDGT (8)
'17FORDGT (9)

 全長76.8㎜

 全高18.8㎜

 全幅30.2㎜

 実車はまだ販売前なので正確な全長がわからないのですが、先代モデルが4640㎜なのでだいたい同じくらいだと仮定すると、スケールは1/60となります。

 ホットウィールの’17フォードGTは2016年のニューモデルとして販売がはじまったモデル。

 先代から10年間の技術革新を経て、エアロダイナミクス突き詰めた結果より有機的なフォルムとなったボディの造形が最大の見どころでしょうか。

 特徴的なディへドラルドア奥のインテークはシャシーのプラパーツが内側に入り込むような巧みな設計となっており、インテーク奥のエンジンへ繋がる空気吸入口が再現されているのが嬉しいですね。

 このモデルは2016にセグメント「HW EXOTICS」にラインナップされたもので、これがファーストカラーとなります。

 日本国内ではトイザらス限定流通? ということになっており、2016年9月17日に発売されたスーパートレジャーハントのベースとなったモデルでもあります。

 ダイキャスト製のボディはわずかにイエローがかった粒子感のあるメタリックブルーでペイント。

 2015年に北米国際オートショーで初めて公開された車輌のカラーリングを再現しています。

 フロントの「Ford」ロゴとヘッドライトは精密なタンポ印刷での再現。

 特に「Ford」のロゴは拡大しても字が潰れておらず、小さいポイントながら車全体の印象をグっと引き締めてくれます。

 インテリアはグレー成型のプラパーツで、フォードGT用に新設計された600馬力を叩き出す3.5リットルV6ツインターボエコブーストエンジンがしっかりと再現されており、スモーククリアーのエンジンフードを通してバッチリ確認できるのが嬉しいところ。

 ホイールは内側がグレーでペイントされた「PR-5(フィル・リールマン・ファイブスポーク)ホイール」を履いています。

 これも北米国際オートショーで公開された車輌がまさにPR-5ホイールそっくりのホイールを履いているのでものすごく似合うんですよね。

'17FORDGT (10)

 車体裏には

     ’17 Ford GT
     ©2015 Mattel

     J23 Hot Wheels

     1186 MJ,1,NL
                  made in Malaysia

 と刻印されています。

 マレーシア製ですね。

'17FORDGT (11)
'17FORDGT (12)
'17FORDGT (13)

 というわけで140台目のコレクション、’17フォードGTでした。

 このモデルはすんごく欲しかったのですが、トイザらス流通限定車だったので入手は完全に諦めてたんですよね。

 それがまさかヤオコーの玩具コーナーにポツン、と置いてあるとは……

 トイザらス、イオン、西友以外のホットウィール流通経路は摩訶不思議で、いつどんなモデルに巡り会えるかわからないカオスなドキドキ感がいいですよね~♪

 これまでヤオコーでは’70カマロクライスラー300Cとけっこうな当たりに遭遇してきたので、これからはもう少しこまめに通ってみようかな。


 【コレクション台数 140台】

 【コレクション使用額 45079円】