ディスカウントミニカーコレクション

ホットウィール、マジョレット、siku、トミカを中心とした3インチダイキャストミニカーのコレクションブログです。一台につき10枚以上の詳細な写真を掲載。実車のスペックからミニカーの解説まで、丁寧なレビューを心がけています。 質問や連絡したいことがあればhayashiteppei30@gmail.comまでご連絡ください。

'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (1)

 【Hot Wheels ´64 LINCOLN CONTINENTAL 2001‐091 HIPPIE MOBILE 3/4】

 マテル製 税抜き定価324円

 リンカーン・コンチネンタルはアメリカの自動車メーカー、フォードモーターズが販売していた高級セダン。

 1939年の誕生から生産の終了する1988年まで、フォード社の最高級車として君臨し、大統領専用車やローマ法王の送迎車など、ゼネラル・モーターズのキャデラックと並ぶVIP御用達の自動車でした。

 1930年台後半、フォードはゼネラル・モーターズに押されに押され、大衆車以外の高級車を商品ラインナップとして必要としていたのですすが、高級車の販売に否定的だったヘンリー・フォードの反対で開発すら行うことができませんでした。

 そこで先見の明あった息子である二代目フォード社長のエドセルは父親の目をかいくぐるためデザインに優れたリンカーン・コンチネンタルのプロトタイプを私用車として製作し、高級住宅街で乗り回してアメリカの富裕層に見せつけたのです。

 それを見たアメリカのVIPたちから問い合わせが殺到し、その声に押されて渋々ヘンリー・フォードが量産化を認めたというエピソードは非常に有名で、偉大な父親を持つ息子の苦労というのは洋の東西を問わないようです。

 ホットウィールが立体化したのは1961~69年まで生産された4代目リンカーン・コンチネンタル。

 3代目がわずか3年という短命に終わったことを反省し、「真に優れたものは変わらない」をコンセプトにデザインされ、流行に左右されない美しさを打ち出して大成功を収めました。

 有名な個体も多く、ジョン・F・ケネディ大統領がダラスで暗殺されたときに乗っていたオープンリムジンはこの4代目リンカーン・コンチネンタルを改造した車輌でした。

 1964年型リンカーン・コンチネンタルはフロントグリルが縦5本になっているのが最大の特徴です。

'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (2)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (3)

 暖かくなってきましたね~♪

 外出もしやすくなり、毎日でもホットウィール狩りに行きたいくらい元気もチャージされてますが、この季節になると大変なのが花粉症。

 私はアレルギー体質で年がら年中鼻炎で悩まされているんですが、この時期はいつにもましてひどくって。

 ティッシュ箱をすぐ横において常に鼻をかかみながら仕事をしている毎日だったんですが……

 数日前から鼻をかむたびに耳奥に激痛が走る!!!

 さっそく症状をググってみるとこれは中耳炎の前兆だというではありませんか!!!

 これはまずい、とすぐさま上福岡にある耳鼻科へ行ってきました。

 どんな結果が出るかドキドキの診察だったのですが、結果はまったく問題無し。

 耳と鼻を繋ぐ管がちょっと炎症をおこしていたくらいで、ちょっと薬飲むだけで治るらしいのでほっと一息です。

 一息ついでなので上福岡まで来たならば、とちょっとホビーオフふじみ野店まで足を伸ばすことに。

 ひと月くらい前に来たときはバンダイマテル時代の在庫が大量入荷しており、ウハウハのフィーバー状態だったんですが、さすがにめぼしいモデルはほとんど狩りつくされた跡のようで。

 何故かバットマンシリーズのキャラクターカーが大量に売られており、普通に買うと500円以上するジョーカーやMr.フリーズあたりが50台ぐらい魚屋の魚みたいに並んでいるのには圧倒されましたね。

 おそらく大量に入荷した5パックをばらして売ってるんだと思います。

 人気モデルはほとんど売れているとはいえ、それでも魅力的な在庫の山にかなり悩みましたが、箱無しではありますがペイントが非常に美しいリンカーンコンチネンタルコンバーチブルに惹かれて216円にて購入。

 カスタム用としてパーツ取り用のホットウィールもいくつか同時購入し、帰宅したわけです。

'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (4)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (5)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (6)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (7)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (8)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (9)

 全長81.5㎜

 全幅31㎜

 全高20.5㎜

 実車の全長が5494㎜なので、計測すると正確なスケールは1/67スケールとなります。

 ’64リンカーンコンチネンタルは2000年にベーシックカーのファーストエディションとして販売が始まったモデルで、デザインはミッチェル・コリンズ氏が担当しています。

 フォードの最高級車を低所得車の多い有色人種が得意とするカスタマイズである「ローライダー」でまとめているというあたりがシャレが効いていてホットウィールらしいところですね。

 日本でも型落ちのセルシオやレクサス、シーマが改造車の母体として好まれるように、洋の東西問わず型落ちの高級車をカスタムするのはカスタムカー文化の王道のなんです。

 ちなみにホットウィールの64年型リンカーンコンチネンタルは2種類存在し、2007年にははルーフ付きモデルがまったくの同名で「’64 LINCOLN CONTINENTAL 」として発売されています。

 サイズやデザインも非常によく似ていますが、全て違うパーツで作り直されたまったく別のモデルとなっています。

 このモデルは2001年のベーシックカーとしてセグメント「Hippie Mobile Series」にラインナップされたもの。

 「Hippie Mobile Series」はその名の通り1970年台にアメリカを席巻したヒッピーたちの車をモチーフとしたもの。

 ヒッピーたちは車の車体をキャンパスに見立て、ドラッグをキメながらサイケデリックなイラストを思い思いに描いていたのですが、それが後に自動車のバイナルグラフィックスの進化にも繋がっていくので歴史って面白いものです。

 ヒッピーのキャンパスに相応しく、このモデルのグラフィックの美しさは特筆すべきもの。

 ダイキャスト製ボディはマット仕上げのメタリックブルーの上からフラッグがはためいたかのような緩急のあるチェッカリングが全体に施されており、これがとにかくアーティスティックで素晴らしい。

 ボンネットとトランクハッチにはシルバーで繊細なピンストライプが刻まれており、ローライダーなヒッピー車となりつつも、高級車である風格を失わない仕上がりとなっています。

 インテリアはオープンカーなので丸見えになるぶん、ステアリング内部が抜けているなど凝った仕様となっており、よくよく見るとダッシュボード周りが別パーツになっているのが確認できます。

  フロントグリル、リアバンパー、シャシーは一体成型で、クロームメッキされたプラパーツによりディテールもシャープに再現されています。

 ホイールはクロームメッキされた「LW(レース・ホイール)」を装着。

 高級車らしいワイヤースポーク風のLWはキャデラックやリンカーンにはピッタリですね。

'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (10)

 車体裏には

         ’64 LINCOLN
         CONTINENTAL
          Hot Wheels®

         ©1999
           M.l.
                                    CHINA

 と刻印されています。

 この時代の非常に高品質な仕上げされたモデルらしく、中国製ですね。

 90年台後半から2000年台初頭のメイド・イン・チャイナのホットウィールはどれも素晴らしい出来栄えなので、見かけたら最優先で購入することをオススメします。

'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (11)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (12)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (13)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (14)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (15)

 ´64 リンカーン コンチネンタル 2017‐365 HW ART CARS™ 2/10との比較。

 コンバーチブルのほうがフロントウインドウがわずかに高いくらいで、サイズはほぼ同じ。

 2007年版のほうが車高が低く、よりローライダーよりの仕上がりとなっています。

 シャシーは2007年版を買ったときはどちらも共用なんじゃないかと疑いましたが、実際確認してみるとまったく違う別モノでした。

 ルーフがついているぶん、2007年モデルのほうがインテリアの造形が適当だったりしますが、どちらが上とかではなく両方揃えてこそ楽しむのが正しいホットウィールコレクターの遊び方なんじゃないでしょうか。

 より詳細な比較記事はブログ友達であるホットウィールにわかマニアさんのブログ『ホットウィール情報まとめ』

 2つの’64LINCOLN CONTINENTAL比較レビュー。同じ名前で同じ車種。なのに別モデル!?
 
 にて丁寧に解説されているので、この2つのモデルについてより詳しく知りたい人はぜひこちらの記事を読んでみてください。

'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (17)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (18)
'64LINKANContinentalCONVERTIBLE (19)

 というわけで183台目のコレクション、’64リンカーン コンチネンタル コンバーチブルでした。

 2007年版の’64リンカーン コンチネンタルを手に入れ、コンバーチブル版も欲しいな~ といろいろ調べていたんですが、大本命のヒッピーモービル版をゲットできたのはラッキーでしたね。

 ホットウィールってカラーリングやグラフィックによって同じモデルでもすごくカッコよかったり、まるでダメだったりするんで当たりモデルを探すのって大変ですが楽しいもの。

 行きつけのイオン大井店に2017年版HW RESCUE のC7コルベットがずっと売れ残っているんですが、あまりのサイケなカラーリングなんでぱっと見謎車に見えるんで放置されてるんでしょうね……

 私はあんまり同一車種をコンプリート!!! とかするタイプじゃないんで、欲しい車種でもカラーリングがあまりに合ってない場合は手が出ないんですよね……

 まあだからこそ塗り替えてカスタムしたりするのが楽しいんですが……

 次は59キャデラックコンバーチブルあたりと並べてみたいな~♪

 【コレクション台数 183台】

 【コレクション使用額 62119円】

 

BMW M1 (1)

 【Hot Wheels BMW M1 2016 BMW 1/8】

 マテル製 税抜き定価400円

 M1はドイツの自動車のメーカー、BMWが1978~81年の間製造販売していたスーパーカー。

 創業から一貫して「走ることの楽しさ」を掲げてきたBMWはモータスポーツへの参加に意欲的で、1970年台ポルシェの独壇場だった国際レースであるグループ4、5に切り込むために開発されたのがこのM1です。

 BMWはそれまでミッドシップ(エンジンが後ろに搭載されている車)車を開発したことが一度も無く、また開発を担当することになっていたBMWモータスポーツ社が他の車の開発で手一杯だったため、シャシーの設計をミッドシップ車の開発に長けた他メーカーに開発を委託することになりました。

 ボディデザインはミッドシップのスーパーカーを数多くデザインしているジョルジエット・ジウジアーロ率いるイタルデザインへの発注され、問題無く仕上がりましたが問題はシャシーです。

 BMWが選んだのは…… 当時オイルショックの煽りを受けて高級車がまったく売れなくなり、開店休業状態で倒産寸前だったランボルギーニでした。

 しかしイタリアン気質なランボルギーニによる開発は遅れに遅れ、シャシーの設計が終わって製造に入りますが生産効率が悪い上にドイツの職人気質なBMWの基準に到達しない粗悪品が送られてくる始末。

 これに怒ったBMWはランボルギーニを切り捨て、BMWのお膝元であるドイツのバウアー車にシャシーの生産を委託します。

 ダメだと認定したメーカーへのBMWの割り切りっぷりはものすごく、わずか10ポンド(日本円で1600円)値段で元英国自動車メーカーのローバーを中国に売り払ったりと経営判断の即決っぷりはこの時代から変わりません。

 ただ、結果的にドイツでシャシーを造り、イタリアのイタルデザインに送ってボディを被せ、またドイツに送り返して貰って最終調整というとんでもない生産工程となってしまい、コストは高騰し生産効率も極端にダウン。

 当初の目標では月産10~12台だったのが月3台製造するのもやっとという状態で、ホモロゲーション獲得用の「連続する12ヶ月で400台の製造」という目標に遠く及ばず。
 
 1980年にやっと400台の生産を達成し、1981年には念願のグループ4に参戦することができましたが、すぐにレギュレーションが変わってしまいレースへ参加した期間はごく短いものとなってしまいました。

 開発や生産に迷走したM1はBMWとしては黒歴史扱いで生産終了後は公式にはほとんど語られることがなくなってしまいました。

 しかしBMW唯一のスーパーカーとして知名度と人気は高く、レースで活躍は出来ませんでしたがミニカーやプラモデルとなりスーパーカーブーム末基の子供たちに強く焼き付いた一台となったのです。

 現在ではBMW内部でもMシリーズの礎を築いた車であると認められ、M1をデザインモチーフとしたコンセプトカーが製作されるなど再評価が始まっています。

BMW M1 (2)
BMW M1 (3)

 今日は10ヶ月の娘を預かってもらえることに成功!!!

 子供たちのいない貴重な一日となったので、奥さんと一緒に川越にデートに行きました。

 お昼はクレアモールの裏通りにあるイタリアン「オステリア・ピアット・クワ」で優雅にランチ♪

 一日10食限定の自家製ソーセージを使ったオリーブオイルベースのスパゲッティを運良く食べることができたんですが、これがまた絶品で。

 スパゲッティは生パスタでモッチモチ。

 ソーセージもぶつ切りにしたものが入っているのではなく、わざわざ中身をほぐして入れてくれているのでソーセージと知らなければ普通に豚肉が入っていると勘違いしそうな不思議食感。

 オイルベースのスパゲッティと聞いたんで普通にペペロンチーノなのかな? と思ったんですが舞茸やしめじ、フレッシュトマトの角切りなどが入っており和風っぽい味もしつつ、でもしっかりイタリア風というこれまでまったく食べたことの無い味で大満足でした。

 ランチの後はしばらくお互い自由行動ということで私はもちろん川越最高のミニカーショップであるオビツ屋へ。

 もう2ヶ月くらい行ってなかったので行きたくてしかたなかったんですよね。

 お久しぶりです~と店主のおじさんに挨拶すると、にこやかに「BMW入っているよ!!!」と2016年に発売されたBMWアソートが詰まった箱を持ってきてくれました。

 箱は今開封したばかりで、中身は全部そろっている状態で選び放題。

 選ぶのはもちろん一番人気のBMW M1で決まり!!!

 432円にて購入し、奥さんと合流したわけです。

BMW M1 (4)
BMW M1 (5)
BMW M1 (6)
BMW M1 (7)
BMW M1 (8)
BMW M1 (9)

 全長74㎜

 全幅29.5㎜

 全高22㎜

 実車の全長が4361㎜なので、計測すると正確な縮尺は1/59スケールとなります。

 ホットウィールのBMW M1は1982年に金型が製作され、1983年に「リアルライダーズ」でデビューしました。

 デザインはラリー・ウッド氏によるもので、カウンタックに始まるウェッジシェイプスタイル全盛期のスーパーカーであるM1をホットウィールらしいグラマラスなボリュームのあるデザインラインにアレンジしつつ立体化しています。
 
 実車のBMWらしい繊細なヨーロピアンなスタイルとは印象が違いますが、中身がランボルギーニでパワフルなイタリアンスーパーカーだと考えるとこれくらいがピッタリなのかもしれません。

 1996年に販売されて以来、2012年に再販されるまで16年間のブランクがあり、2012年版からは金型が改修されてそれまでシャシー側についていたバンパーとキドニーグリルがボディ側に一体成型されるようになりました。

 かなり大きな変更なので、金型をまるごと作り変えている可能性もありますから、もし1996年以前のモデルが手に入ったら比較してみたいところですね。

 このモデルは2016年にサイドライン「BMW」にラインナップされたモデル。

 2016年はBMW創業100周年にあたり、アニバーサリーイヤーに敏感なホットウィールとしてはベーシックカーのセグメントにも「BMW」を入れるなど、おおいに盛り上げまくっていたんです。

 ダイキャスト製のボディはマルーン寄りのメタリックレッドでペイントされ、ボディにはホワイトとイエローのストライプがタンポ印刷で入ります。

 ボディグラフィックは1983年に最初に販売されたM1のファーストモデルがモチーフとなっており、初代モデルを知っている人にはニヤリとするポイントですね。

 インテリアとシャシーはブラックのプラスチックパーツ。

 窓ガラスは透明度の高いクリアープラスチック製で、実車風の再現なのも嬉しいところ。

 ホイールはリムがクロームメッキされた「PR‐5(フィル・リールマン・ファイブスポーク)ホイール」を履いています。

BMW M1 (10)

 車体裏には

                             made in THAILAND
                               1186 MJ,1,NL
                                       J05  Hot Wheels
        ©1982,2011 Mattel
                               BMW M1                       W3787

 と刻印されています。

 リアルライダー、ダイキャストシャシー無しのベーシックカーとほぼ同じ仕様の中級サイドラインながらマレーシア製ではなくタイ製ですね。

BMW M1 (11)

 よっぽどBMW M3と並べようかと思ったんですが、シャシーはランボルギーニ開発ということで
 ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4 2016 GRAN TURISUMO® 8/8との比較。

 本当なら同時代のランボルギーニであるカウンタックと並べたかったんですが、持ってないのでアヴェンタドールに登場してもらいました。

 M1開発を請け負った当時、ランボルギーニはオイルショックの煽りを受けて販売台数は激減、燃費の悪いV12モデルの不振により開発した小型ランボルギーニのウラッコも大失敗し、倒産への秒読み段階へ入ったところでした。

 ちなみにM1の開発遅延によりBMWに契約破棄されたランボルギーニはあえなく倒産。

 1987年まではイタリア政府の管理下に置かれてました。

 スーパーカーメーカーが一時的にでも国営になるなんて、イタリアってとんでもない国です。

 ルノーも国有化されたきっかけは経営の悪化でしたし、ヨーロッパだと案外普通なのかもしれませんね。

BMW M1 (12)
BMW M1 (13)
BMW M1 (14)

 というわけで182台目のコレクション、BMW M1でした。

 久々のオビツ屋でしたが、やはりいつ行ってもいい収穫がありますね~♪

 おじさんによるとトイザらス川越店が無くなった影響からかオビツ屋にホットウィールを買いに来る人が増えて一時期に比べるとすごくよく売れているそうです。

 メインの在庫はバンダイマテル時代のものがほとんどですが、最近集めはじめたコレクターさんには新鮮なようでごそっと買っていく人もいるそうで。

 ただなんだかんだいって実車系が欲しい人がほとんどなので、実車が確実に入っているちょっと以前のサイドラインなんかも新しく入れるようにしたんだとか。

 私としてもオビツ屋が繁盛すればホットウィールのラインナップが充実するので嬉しい限り。

 川越近辺のホットウィールファンはぜひオビツ屋へ行ってみてくださいね♪


 【コレクション台数 182台】

 【コレクション使用額 61903円】

 

オフデューティー君でき完成作例 (1)
オフデューティー君でき完成作例 (2)

 【Hot Wheels OFF-DUTY™ 2017‐114/365 HW RESCUE™ 3/10】

 マテル製 税抜き定価300円

 オフデューティーはホットウィールオリジナルデザインのヘビーデューティービーグル。

 デザインはフレーザー・キャンベル氏が担当しています。

 フォードFシリーズやシボレーシルバラード、ダッジラムのようなフルサイズピックアップトラックであり、実車のフルサイズピックアップトラック同様に同系列車が数多く存在します。

 ディーゼルエンジン搭載のディーゼルデューティー、救急車のレスキューデューティー、除雪車のソープラウドなどオリジナルデザインながら説得力のあるバリエーション展開されているのがホットウィールらしいところです。

オフデューティー君でき完成作例 (3)
オフデューティー君でき完成作例 (4)


 こんにちは!!! 林哲平です!!!

 今回は前々からやってみたかった「部分塗装でお手軽カスタム」にチャレンジしてみました!!!

 ただ、いざやってみようと思うとお手軽カスタムで最大の効果を発揮できるホットウィールってなかなか見つからないんですよね……

 実車系は改造するのは勿体無いし、ホットウィールオリジナルデザインの謎車でカッコイイ奴を改造しよう!!! とナイトシフターとナイトロドアスラマーに目をつけて探していたんですがいざ欲しくなるとあんなに余っていたのに見つからない。

 で、たまたまウニクス南古谷のトイザらスに行ったときに目が止まったのがこのオフデューティー。

 ダイキャスト製ボディで、かつライトもクリアパーツと謎車としては非常に優れたパーツ構成。

 これだ!!! と215円にて購入したわけです。

君できオフデューティーHOWTO (2)
オフデューティー君でき完成作例 (5)
君できオフデューティーHOWTO (3)
オフデューティー君でき完成作例 (6)

 ビフォアーアフターはこんな感じ。

 スミ入れと部分塗装だけでもこんなにも違って見えるわけで。

 簡単色差しカスタムにオフデューティーを選んだのは正解でしたね♪

 オフデューティーのカスタム工程は私のモデラーとしてのブログ「プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』」

 君にもできる!! 超初心者向けホットウィール簡単改造法「オフデューティー編① ボディの分解、スミ入れ、ラッカー塗料での部分塗装編」

 君にもできる!! 超初心者向けホットウィール簡単改造法「オフデューティー編 ②ホイールの取り外しと缶スプレーを使ったシャシー塗装法」

 君にもできる!! 超初心者向けホットウィール簡単改造法「オフデューティー編③  ホイールのドレスアップと各部パーツの接着、完成へ」

 の3回記事で紹介しています。

 プラモデルも作ったことがない、まったくの初心者向けカスタム講座なのでホットウィールカスタムに興味ある人はぜひ見てくださいね!!!
 
オフデューティー君でき完成作例 (7)
オフデューティー君でき完成作例 (8)
オフデューティー君でき完成作例 (9)
オフデューティー君でき完成作例 (10)
オフデューティー君でき完成作例 (11)
オフデューティー君でき完成作例 (12)

 全長78㎜

 全幅30㎜

 全高27.5㎜

 実車の存在しないホットウィールオリジナルデザインの車なのでスケールはホットウィール標準スケールの1/64としておきます。

 オフデューティーは2014年にベーシックカーとして販売が始まったモデル。

 このモデルは2017年のベーシックカーとしてセグメント「HW RESCUE™」にラインナップされたもの。

 今回はあくまでお手軽にできるカスタムということで、スミ入れと部分塗装がメイン。

 ボディにはタミヤスミ入れ塗料のブラックでスミ入れし、テールランプはMr.カラーのモンザレッドで塗り分け。

 ドアノブはガイアカラーのスターブライトシルバーで塗装しています。

 インテリアとフェンダーは樹脂製バンパー風の質感を活かすためそのまま使用。

 シャシーは元々イエローのプラパーツだったので、カードのイラスト風にゴールドの缶スプレーで塗装しています。

 バンパーやルーフに装着されている丸型ライトはハイキューパーツのセンサー用メタリックシールで再現してみました。

 ヘッドライトはクリアパーツを活かし、裏側にメタリックテープを貼って反射板を造り、キラリと光るライトにグレードアップ。

 ホイールはリムがクロームメッキされた「BROR(ビーズ・ロック・オフ・ロード)ホイール」を履いており、カードのイラストでは内側までシルバーになっているので、タミヤエナメルカラーのチタンシルバーで塗装しています。

オフデューティー君でき完成作例 (13)

 車体裏には

           1186 MJ,1,NL
                         J45             ©2013 Mattel
                                                                        BDD13

                       Hot Wheels OFF-DUTY™
                                  mede in MALAYSIA

 と刻印されています。

 ホットウィールのベーシックカーなのでマレーシア製ですね。

 2017‐3/16追記

 ホットウィールにわかマニアさんから「林製じゃないの?」という指摘がありました。
 
 なのでこのオフデューティーはマレーシア生まれですが、私がカスタムしたので林製ということにしておきます♪

オフデューティー君でき完成作例 (14)
オフデューティー君でき完成作例 (15)
オフデューティー君でき完成作例 (16)

 というわけで181台目のコレクション、オフデューティーでした。

  私としてはホットウィールカスタムを布教するためにも絶対にお手軽カスタムの方法を広めるべき!!!と強く思ってます。

 ダイキャストボディの塗装剥いで全塗装とか、パテ使って改造とかやったことがない人から見たら敷居高すぎですし。

 オフデューティーにかぎらず、ぜひ手持ちのお気に入りホットウィールにちょちょいとでもいいんで色差ししてみてください。

 ちょっとでも自分の手がかかったモデルってすごく特別に思えてくるもの。

 ぜひぜひ簡単ホットウィールカスタム にチャレンジしてみてくださいね♪


 【コレクション台数 181台】

 【コレクション使用額 61471円】

 

↑このページのトップヘ